幸せのレシピ patisserie La La Sweets

2021年03月06日

『桜ロール』

桜咲け!!

桜ロールケーキ



お祝いにも、ホワイトデーにも、ご自分用にもおすすめのロールケーキです!

店頭販売もしていますが、数に限りがございます!ご予約がおすすめです。

ロングサイズとハーフサイズがありますよ。

甘さ控え目な、最高の味わいです。ぜひどうぞ!


パティスリーララスウィーツ
高崎市飯塚町382
0273629966
10:00~18:00
3月の店休日は、毎週水曜日と9日16日の火曜日です。  


Posted by Rei at 22:08ケーキ屋ギフト

2021年03月02日

『ひなまつり☆営業します!』

3月3日は水曜日ですが、ひなまつりなので営業します!4日木曜日は振替休みです!


ひなまつりカップの春苺のモンブラン♪


ひなまつりデコレーション


私の大好きな『桜ロール』も並びました!


苺のタルト





パティスリーララスウィーツ
高崎市飯塚町382
0273629966
  


Posted by Rei at 21:43ケーキ屋プティガトー

2021年03月01日

『なぜ、こっち?☆末娘』




『ぎゃ~~~何これ~~~』

真っ青!今日学校で、版画をしたそうです!

学校からのお手紙をちゃんと読んでいかなかったママもいけないけど。

こりゃないよ~~~

なぜ、しまむらのトレーナーじゃなくて、ラブトキ?

末娘よ今どき、男子もこんなに汚さないよ~
まっ仕方ない!版画を楽しみにしよう✨  

Posted by Rei at 23:10末娘の成長日記

2021年02月13日

『人気バレンタイン』

たくさんのご来店ありがとうございます!今年は蜜を避けてということもあり、早め早めにお買い求め頂くお客さまがたくさんいらっしゃいました!

主人とスタッフが心を込めて、ご用意してます☆そして私とスタッフで心を込めてお渡しします!

追加準備ができました☆

私の大好きな『チョコフォンデュセット』CACAOBARRYの本格チョコで楽しむ、リッチなチョコフォンデュ☆

※オランジェット、メレンゲ、マシュマロ、こぐまのマドレーヌが入ってます!ヤケドに気をつけて!(入ってないけど、かっぱえびせん・カラムーチョ・バナナも美味しい!)



もっちりふわふわ『チョコチップシフォン』粒チョコの食感と、もっちり生地が絶妙です!生クリーム別添えです!


『ボンボンショコラ』


『オランジェット』セット



『ザッハトルテ』もご用意できてます!

ごめんなさい!『とろける生チョコレート』は完売致しました。またホワイトデーでご用意します、ご予約をおすすめします!
  


2021年02月11日

『バレンタイン限定ケーキ☆』

幸せなひとときに華を添えて・・・

大切な時間を、まったり過ごしてほしい


『バレンタイン限定☆ザッハトルテ』4号サイズ2500円(税別)



『限定☆チョコチップシフォンケーキ』つぶつぶチョコ食感と、もっちりふわふわのチョコシフォン!!1300円(生クリームはカップで別添え)

めちゃめちゃ美味しいです!

バレンタイン限定商品は数に限りがありますので、お早めにどうぞ!電話予約も承っております!

パティスリーララスウィーツ
高崎市飯塚町382
0273629966
  


2021年02月06日

『バレンタイン』


クセになる美味しさ『オランジェット』


『とろける生チョコレート』

生チョコは予約がおすすめ!電話予約も承ります!

パティスリーララスウィーツ
0273629966
  

2021年02月03日

『本気で豆まき☆』

2月は毎週火曜と水曜日お休みです!


今年の節分は本気で♪

去年は末娘が寝ちゃって、何度も起こしたけどダメで豆まきをやらなかったから・・・

末娘『去年豆まきしなかったから、パパ背中痛くしたんた~絶対そうだ!』


『鬼は外福は内』いい声で!まずは末娘が豆巻き

次男が鬼


本気で投げすぎて、前に出すぎ!鬼にさらわれていきました『ぎゃ~やめて~』


はい!鬼交代

怒られてるわけではありません!


かなり怯えた鬼です。豆の痛いのが怖い

中学最後の期末が終わり、またひと段落の次男。『今日は、いわしを三枚におろしてみよう!やってみたかったんだ』と言い出し、クックパッドを見ながら三枚におろしてました。

そして唐揚げ粉をつけて、揚げてくれました!丸焼きより美味しい!次男がテキパキ作ってくれました。卵焼きも上手!

巻き巻き、太巻き寿司を巻いて、南南東を向いて一本食べきるまで無言で食べる次男、末娘、私!!主人は途中で、おしゃべりしちゃってましたよ~(笑)

楽しい豆まき、節分になりました!
  

Posted by Rei at 07:03

2021年01月31日

茶葉香る『紅茶のシフォンケーキ』

主人がどんどん、焼き上げてくれます!お待たせしましたシフォンケーキです。


茶葉をたっぷり使った、『紅茶のシフォンケーキ』

アールグレイの茶葉の香り立つ、もっちりふわふわのシフォンケーキです♪

電話でも、予約承っております!

パティスリーララスウィーツ
高崎市飯塚町382
0273629966
10:00~18:00
2月は毎週火曜と水曜日定休です。  

2021年01月29日

『とろける生チョコレート♪』

この季節限定の大人気商品☆


『ララスウィーツのとろける生チョコレート』店頭に並びました!すでにご予約を頂いているお客さま、お待たせしました!!

数量限定ですので、予約がおすすめです♪

パティスリーララスウィーツ
高崎市飯塚町382
0273629966
10:00~18:00
2月は毎週火曜と水曜日定休です!

3月3日(水)ひな祭りは、営業します♪3月4日木曜日はお休みです。  


2021年01月25日

『幸せマドレーヌ』

『ララスウィーツの幸せマドレーヌ』店頭に並びました。プレーンと珈琲味です。

2004年にオープンしてから、ずっと1番人気のこの商品☆主人のイチオシです。やっと焼きあがりました♪




私が心を込めて、アーモンドスライスをパラパラしましたよ!

パティスリーララスウィーツ
高崎市飯塚町382
0273629966
10:00~18:00
1月と2月は毎週火曜と水曜日定休です!  


Posted by Rei at 06:55焼き菓子

2021年01月23日

『苺のタルト』

本日もたくさんのご来店ありがとうございました!

明日は、雪になりますかね~?


苺たっぷり飾った『苺のタルト』
カスタードも入ってますよ!

この季節限定商品です!

自粛も呼び掛けられてるご時世ですので、ケーキの数の調整がとても難しいです!数が揃わない場合もございますので、ご予約頂ければ幸いです!!  


Posted by Rei at 20:21ケーキ屋プティガトー

2021年01月22日

『いろいろなお誕生日ケーキ☆』

いろいろなお誕生日ケーキをご用意しております!可愛くて美味しいお誕生日ケーキです。

ララスウィーツのチョコ生クリームデコレーション、食べたことありますか??甘さ控えめでとっても人気です!


『鬼滅の刃鬼殺隊』チョコ生クリームのプリントデコレーション(画像店頭にあり)1週間前までに要予約、日数不足はプラス料金になります。お問い合わせください。


マイメロディクッキーデコレーションケーキ。前日でも予約できます。


『鬼滅の刃れんごくさん』持ち込みのプリントデコレーションケーキ。

※プリントは写真サイズで、プリントアウトして持ち込みをお願いします。店頭にもいくつかあります。


『パウパトロール』プリントデコレーションケーキ


『鬼滅の刃ねずこ・しのぶ・カナヲ』プリントデコレーションのプラスカラー仕上げ。1週間前までに要予約☆


スイーツデコカラー水色。マカロンの生産が追い付いておりません、間に合わない場合は苺、お菓子、チョコに変更でよろしい方のみ注文を承っております。



パティスリーララスウィーツ
高崎市飯塚町382
0273629966
1月2月は毎週火曜と水曜日定休
SOpen10:00~18:00
  


2021年01月20日

そろそろ復活します!

こんばんは、MASAです!

私事になりますが只今自宅にてリハビリをしていましたが、近々仕事復帰できるくらい回復してきました。

暮れから今までケーキの種類や焼き菓子の欠品等お客様には色々とご迷惑やご不便をおかげしましたが徐々に以前のように揃えていければと思っていますのでこれからもまたよろしくお願いいたします。

既に店頭に張り紙等でお知らせをしたりブログ等でご存じの方もいらっしゃると思いますが先月のクリスマス前に緊急手術を行うことになってしまいました。(詳細については前のブログをご覧ください)

病名は『硬膜内随外腫瘍』というあまり聞きなれないもので10万人に1人か2人発症するする病気のようで、自分の場合は脊髄に腫瘍が5センチほどできていてそれが神経を圧迫して足の痛みや痺れをおこしていて歩きにくい状態が続いていました。

手術の前々日まで痛みは我慢できるくらいだったので本来なら2月のバレンタインの準備までしておいてから手術を行う予定でした。
しかしクリスマスの一週間前に激痛が走り、歩くことが出来なくなるほどどうにもならなくなりました。

これから年末に向けて忙しくなるの時だったので店のことが心配だし入院の準備もしていませんでしたが激痛はさらに激しくなりました。
何より大変だったのが排尿障害で自力でオシッコが出来なかったことです。

先生が自力でオシッコが出ないとなると一刻も早く手術をしたほうがいいとなり急遽手術となりました。
幸い翌日なら執刀医、病理検査医などチームが組めるということもあり決断しました。
この時午後の4時くらいで手術は翌日の午後1時予定、それまで約21時間痛みと戦うことに。
手術までは個室で過ごしましたがベッドで寝ることもできず、ただ腰かけて目はつむっていたけど背中を揺らしながら痛みをごまかしつつ、たまに時計を見てはまだこんな時間かあぁと早く時間が経つのを願っていました。

手術は4時間半くらいっだったと後で聞きました。
手術前に、神経に絡んでいる腫瘍を取る際に万が一神経を傷つけたりして足が動かなくなったり以前より痺れがひどくななることもあることを承知してくださいと説明がありました。
死んだほうがましと思うくらいの激痛から解消できるならと思いすぐに承諾しました。
手術は成功でした。
全身麻酔がきれて目を覚ますとカミさんが心配そうにこっちを見ていて指(足の)動く?と言ったので動かしてみたらとりあえず動いたので良かった~とほっとしたのを憶えています。

一晩は集中治療室で過ごし翌日には一般病棟に移りました。
術後の痛みはあるものの、あの痛みからは解放されたことは本当に良かったですね。

この後からは徐々にリハビリをしていくわけですが長くなりそうなのでまたの日に更新したいと思います。

最後に思うことは時期的(クリスマス、年末年始)には大変でしたが、タイミング的には良かったと思っています。
今回こんなことになって感じたことは仕事をしていると特に自営業の場合、少しの病気や怪我でもなかなか休むことが出来ないと思いますがまず体があってそれでいて健康でなければ仕事はもちろん遊ぶことも出来ない。
自分の場合、何年も前から何となく足に痛みや違和感があり去年の春過ぎから足の痺れがあり、だんだん歩きずらくなったりしてきましたが全く原因が分からず毎日毎日毎食後に痛み止めやら痺れ止めやらの薬を5種類ほど飲んでいましたが良くならず過ごしていました。
自分の場合は通っていた医院を変えて血液検査をして紹介の紹介でMRIを撮り腫瘍が見つかりようやく根本的な原因を見つけることが出来ました。

今回急遽、手術となりましたがもしタイミングが悪ければ歩けなくなったり排尿障害が残ったりということがあったかもしれません。
もしどこか痛かったり少しおかしいな?と体の異常を感じたら早めの受診を強くお願いしたいと思っています。
あの時もっと早く病院に行っていたらなぁとならないために。










  


Posted by Rei at 22:20家族ケーキ屋病気のこと

2021年01月20日

『激動の1ヶ月☆後編』

東京の大学病院に緊急入院手術したのが12月17日、それからリハビリを必死で頑張った主人、年明け1月2日お正月休みに退院になりました。朝早く家を出て迎えに行って来ました!新宿の空が『おめでとうよかったね』って言ってるように見え心に染みました。




出会ってから22年、16日間も会わなかったのは初めてでした。退院の日久しぶりに会う主人は、体重が6キロ落ちてちょっとスッキリして出会った頃のよう。足のしびれがまだありリハビリ途中、杖をついてちょっぴりおじいちゃんみたいに見えて笑っちゃいました。


入院中のこと。

主人からLINEが入ったのは、手術から5日後のことでした。

『7階にうつったよ』

待ちに待った、主人からのLINEでした!!まずは『体調は大丈夫?』でしょ??なのに、私ったら『何人部屋になった??』って送ってしまったんです(笑)『4人部屋だよ』に1人大歓声♪♪

集中治療室から病室に移って、3日目だったようです。それまでの時間はずっと上を向いたまま背中には大きな手術あと寝返りもうてず、たくさんの線に繋がれたまま、ご飯は何を食べてもまったく味を感じなかったようです。

何度も同じ夢を見たようで、クリスマスの遊園地の中をストレッチャーに乗せられてぐるぐる連れ回される夢を何度も何度も・・・。可哀想に主人はひとりでクリスマスと闘っていたようです。

手術から3日目には、『歩いてみましょう』リハビリが始まったそうです。脊髄の髄膜まで開いて手術したばかりなのに。でもこの早めのリハビリが神経を繋ぐ大切なリハビリになるそうで、歩行器に頼りながら50メートル。たかが50mされど50mだそうで汗をびっしょりかきながら、必死の一歩一歩だったようです。5日目には『階段を上がってみましょう』、これはさすがに1段しかあがれなかったようですが。歩くと腰が抜ける感じがしてたそうで、私が想像するに生まれたての子鹿みたいな感じでしょうか。。。

リハビリの先生から指導頂き、かなりハードなリハビリをこなしたようです。

『テレビでマックのCMを見ると泣けちゃって』病院の時間は長くて、テレビを少し見て、スマホを少し見て、楽しみは味を感じられるようになったご飯だけだったようです。あとはすべてリハビリ、末娘を思い出し早く自宅に帰りたいと強く思ってくれたようです。これがすべての原動力となり、自主リハビリにもかなり必死で頑張ったそうです。





その甲斐あり早めの退院が決まり、お正月に迎えに行って来ました!病院も正月休み中だったので、患者さんには誰にも会わず、会計もせず、行ってさらうように連れて帰ってきました。

小3の末娘は、兄達にも寄せ書きを、折り紙に仕上げて待っててくれました。

何より退院を一番喜んだのは、主人の両親。12月初めに『腰が痛いから、1月末に手術するよ』しか話してなかったから、緊急入院手術に一番驚き、心配していたと思います。本当にごめんなさい。


主人が帰宅した翌日の、1月3日から私は仕事初めでした。

正月3日、4日、5日と仕事して帰宅したらパジャマンマが4人(主人、長男、次男、末娘)もいるじゃありませんか、さらに『夕飯は何にする??』みたいな感じです。私の表情に『俺は勉強してた(次男)』『俺はリハビリ(主人)』『俺は・・・寝ぼけてた(長男)』『私お風呂掃除した、パパ全然リハビリしてなかったよ!』末娘からチクリも入ります、これは怒りますよね!これは怒ってもいいところですよね??

はい全員集合。

落雷&破動砲発射!!

全員撃沈と共に、テキパキ動き始めます!次男は得意のカレーを作り、長男は末娘を車に乗せて買い物へ、主人は生ぬるいリハビリではなく、元々のハードなリハビリスケジュールに戻し私の監視つきになりました。

何のために、私もスタッフも頑張っているのか?誰のために、私もスタッフも必死なのか??ということです。

その日から我が家は分担業が始まりました。学校も始まり子供達は元気に通い、毎日主人の作る美味しい夕飯が待ってます!私も必死で主人の分も働きます!

今私が鬼にならないと、病院での苦しかったリハビリも台無しになります。あとで私も主人も後悔することになります。それから主人はまたリハビリを本当に本気でしてくれたおかげで、足のしびれもかなり改善しました。自宅でできる仕事はすべてしてくれてます。マジパンの製作や、在庫の発注、さらにリモートワークでスタッフと打ち合わせもバッチリです。

でもね、やっぱり主人がいないともう店が回らないんです。『お店をしばらく休もうかな』何度も考えましたが、お客様からの『お店を開けててほしい』『できる範囲でいいから、誕生日ケーキ作ってほしい』『お菓子もできるものでいい』そう言っていただいた温かい言葉に支えられて、主人の気持ちを考えると店を潰すわけにはいかないという強い気持ちで今までやってこれました。

主人がやっぱり必要です!!そう、だって主人の店なんだもの。

主人の体調の経過もすこぶるよくて、疲れた私より元気なくらいです(笑)主人が少しずつ、店に顔を出してくれると言ってくれただけで、私も元気が出ます。スタッフも本当にホッとすると思います。

今までは、店にお菓子やケーキが少なくなり、早い時間にケーキが売り切れになる日もありました。

大変お待たせして申し訳ありません!少しずつ、いつものララスウィーツに戻ります。かけていただいた温かい言葉は、ずっとずっと忘れません。助けてくれたスタッフにも感謝の気持ちを忘れずに、これからも私達夫婦は力を合わせてがんばります!次男も無事に高校が決まり、受験翌日から店を手伝いに来てくれてます。少しの手伝いが私にとっては大きな力になりました。

私にとって本当に忘れることのできない、激動の1ヶ月となりました。

長文、お付き合いいただきありがとうございました!また末永くよろしくお願いいたします。

  

Posted by Rei at 14:08家族ケーキ屋

2021年01月19日

『激動の1ヶ月☆前編』

1月と2月は、毎週火曜と水曜日をお休みさせていただきます。

たくさんのお客様から心配と励ましのお言葉を頂きました!お陰さまで主人はすこぶる回復し、自宅リハビリ頑張ってます。ほぼ、ほぼほぼ普通の生活もでき、2月から仕事に少しずつ復帰予定です!

今日はプライベートなブログです。かなり長くなりますが・・・お時間があれば、お付き合いください。

私にとって本当に大切な人、主人との12月から今日までの激動の1ヶ月のことを、綴っておきたいと思います。



主人が緊急入院から手術になった、あの衝撃の日から1ヶ月になります。 http://lalasweets2004.gunmablog.net/e412657.html

あの日のブログでは腰痛と記載しましたが、

12月初めに主人の誕生日。


実は12月の初めに脊髄に腫瘍が見つかりまして、高崎総合病院から県内での摘出は難しいとのことで東京の大学病院を紹介され、12月17日に緊急手術となり神経鞘腫という良性の腫瘍を摘出しました。

12月の初め、主人の長年の腰痛に加え春先からの足のしびれの原因がやっとわかった訳です。

もう何年も整形外科にかかっていたのに腰の痛みの原因がわからず、痛みはどんどんひどくなり、痛み止めばかりを出されていました。春先から足先にしびれが出て『薬のせいか?ヘルニアか?糖尿病か?』主人が当時のお医者様に聞いても原因はハッキリせず、検査も進まず私は不安はつのるばかりで、主人に病院を変えてもらったのです。新しい整形外科になってからは血液検査と薬での効果を確認を何回か重ね診断はどんどん進み、すぐに神経外科に紹介状が出ました。神経外科でも脳神経には問題なしとのことで、MRIのある高崎総合病院への紹介状となったのが10月のことです。

高崎総合の神経外科に予約が11月にとれ、やっとMRIにたどり着き腫瘍が見つかったのが12月1日、整形外科の先生に担当が代わり脊髄の腫瘍についての説明を受けたのが12月2日水曜日のことでした。

『群馬では摘出は難しい』と言われた時に初めて、病状の重大さに気づいたわけです。

主人と一緒に説明を受け必死でメモをとろうとしたけど手が震えて書けない私に、先生が病名やMRIの画像を印刷してくださいました。紹介状をお願いして、すぐに東京の大学病院に予約を翌週9日水曜日入れました。

大学病院はとても大きく、迷子になりそうなくらいでした。

整形外科は白で統一されてとても広くて、診察室の扉がいっぱいでスターツアーズの並んで待ってるところみたいなちょっと異次元な感じでした。

診察室の前で待っていると看護士さんから『MRIを拝見し、予定の先生より上の先生が診てくださることになりました』との説明を受け、病状が本当に思わしくないことを痛感したのです。

そこで出会えた先生は、30代後半の若い先生。あとで知ったのですが、有名な素晴らしい名医だということ。

先生からは神経鞘腫(良性)の可能性が高いと思われるが、馬尾神経に腫瘍が絡んでいるように見え、髄膜の中まで腫瘍があることから難しい手術になるということ、背中を開けて手術をしないと良性か悪性かもきちんとした判断ができないとの丁寧な説明を受け、摘出手術以外の選択はないこともわかりました。

私達夫婦がケーキ屋を営んでいること、クリスマスの予約がすでにいっぱいなことをお話して、1月に再度MRIを取り手術へ向けた準備をすることになりました。ただその時先生が『でも~その時期までもつかなぁ。』と小さく呟いたのが耳に残りました。

その時は主人はとても元気でしたし、足先はしびれるけど仕事ができない状態では全くなかったのでさほど心配もせず群馬に帰宅しました。

これが12月9日水曜日のこと。原因がはっきりしたことで、これからのお店を1月~3月どうするか毎日話合っていました。

私はその日から、主人の病状について毎晩毎晩調べました。調べる程怖くなり、怖くて怖くて眠れない夜が続きました。麻痺が残るかもしれない歩けなくなるかもしれない、神経の越えてはいけない領域に入る難しい手術になりますという先生の言葉が頭の中をぐるぐる回りました。排尿障害が大きなポイント、おしっこが出なくなったら緊急手術。

まだ1週間しかたってないなのに、翌週火曜日15日に主人に異変が起こりました。腰の痛みがひどくまったく立てなくなりました。痛み止めも効かなくて、高崎総合に相談しましたが主治医が東京の病院に移っているので痛み止めの注射など処置はできないということ、救急車で運ばれても高崎総合に脊椎の先生がいないこと、手術をされてしまったら群馬では難しいのにもう終わりだ!!痛くてもがいてる主人の隣で、私は初めて群馬にいてはどうにもならないことを知ったのです。

翌朝16日、電話で東京の大学病院に主治医が出勤していることを確認し、MRIと造影剤だけとにかく撮って欲しいとお願いして、主人を車に乗せて東京に向かいました。

主治医の先生からすぐに手術を勧められましたが、主人は痛みの中うわ言のように『クリスマスの仕事の引き継ぎをしたい、1日だけ群馬に帰ってきたい』と何度もいうので、MRI、血液検査 、尿検査、心電図、やれるすべての検査をして金曜日に入院で話が進みました。でも色んな検査を進めていくうちに最後に尿検査で、排尿障害が進んでいることが判明しました。

『もう、帰せないですよ』主治医の先生の言葉は重く、主人の1日だけでも帰りたい気持ちは痛い程わかるけど、もうだめだ~私も主人を説得し、緊急入院そして翌日手術と話が決まりました。入院が決まったからといっても、主人の痛みは増すばかりでもう痛み止めも効かず見ていられない程でした。

私は入院の手続きに大きな病院内を走り回りました。

主治医の先生から丁寧な手術の説明を受け、起こりうる後遺症や手術中の緊急時のこと、聞いてるだけで汗と涙が止まらなくなりましたが、この先生がチームを組んで手術してくださるのだから、大丈夫だとそう強く信じ翌日の手術を迎えたのです。

コロナのこともあるので、手術前の面会はできず見送りだけしました。手術には長男も立ち会ってくれました。5時間がとても長く感じられました。

先生が『無事に手術は成功しましたよ、腫瘍も良性で、思っていたより絡んでなくてスルッととれました。後遺症も大丈夫だと思いますが、リハビリ次第ですね』というお話に、本当に先生に飛び付きたい!握手したい!くらいの気持ちになりましたが、ソーシャルディスタンス。

手術のあと麻酔が覚めるのを待ち、主人と5分ずつの面会を許されましたが。身体中に線が何本も繋がっていて、びっくりしちゃって私ったら気の効いた言葉もでないし、主人も麻酔のせいで、いつものようにはまったく会話が弾みませんでした。このあと退院まで会えないのに、数分で退散しました。交代で面会した長男はもっと早く帰ってきました。

緊急入院だったので、個室で高額な部屋しか空いてなくてコロナで退院まで部屋を途中で変えられないと看護士さんから説明を受けてました、緊急だし嫌だと言っても主人を廊下に置いておくわけにもいかないし・・・個室でサインしたわけですが。手術も成功したし2日は集中治療室にいると知り、これは病室の空き状況も変わるんじゃないかと思い恥はかき捨て駄目でもともと

『手術成功した今お願いするのもなんですが、どうか個室ではなく、大部屋をお願いしたいです!』そう看護士さんに言い残し、大学病院をあとにしました。

長い長い2日間を経て、我が家に帰宅したわけです。

しかし本当の苦労はここから始まりました。クリスマスから年末までスタッフ総動員と免許取得で帰省していた長男も加わり、朝から夜中まで本当にみんなに助けられて乗り越えた次第です。バイトちゃん達も文句も言わず、本当によく頑張ってくれて。何より長く勤めてくれてるスタッフが覚醒し、やればできる子にどんどん成長していきました。長男も店のスタッフに声をかけて、和やかに士気を高めてくれました。

店は必死。

本当にこの二文字に尽きる、今日まででした。

主人は手術の翌日から、術後の痛みと店への心の葛藤と苦しいリハビリにひとり立ち向かっていったようです。続きはまた後編で。  

Posted by Rei at 11:27家族ケーキ屋