幸せのレシピ patisserie La La Sweets › ケーキ屋 › クリスマス › 2017 シュトーレン☆

2017年11月24日

2017 シュトーレン☆

こんばんは、MASAです!

11月のこのころになるとクリスマスに欠かせないドイツのお菓子『シュトーレン』を焼きます。



ドイツではクリスマスの一か月前にシュトーレンを焼きます。
すぐに食べるのではなくクリスマスの日まで何日かに分けて薄くスライスして食べるそうです。
ラム酒に漬けたフルーツの風味が生地になじみその美味しさを味わって当日を待ちわびるのだとか。
美味しそうな良い習慣ですね☆

ララスウィーツもシュトーレンの販売を始めて10年になります。

最初のうちは試行錯誤しながら作りましたが年ごとに少しづつ改良し美味しいシュトーレンを目指しています。


シュトーレンに欠かせないのがこの『生イースト』
これに牛乳、小麦粉、砂糖を混ぜて・・・


元になる種にします!
この種をラップをかけて温かいところへ置いて30分待つと・・・


ガスが出てきてパンパンになってきます。


生地を捏ねて分割、成型、発酵させて焼きます。


バターをたっぷり塗って砂糖をまぶしたら出来上がりです。

な~んて簡単に書きましたが実際はすご~く時間のかかる作業なんですよ。

皆さんもクリスマスの当日までシュトーレンを少しずつ食べて楽しんでみてはいかがですか?

クリスマスケーキの申込書には12月1日からの販売となっていますが11月27日ごろから店頭に並ぶ予定です。
食べやすくカットしたものもありますのでぜひ食べてみたくださいね☆








同じカテゴリー(ケーキ屋)の記事画像
本日のプリントデコレーション☆
『苺のモンブラン☆』
『春苺のベリーヌ』
本日のプリントデコレーション☆
『春爛漫☆春スイーツ』
『3月14日ホワイトデー☆』
同じカテゴリー(ケーキ屋)の記事
 本日のプリントデコレーション☆ (2018-04-08 21:12)
 『苺のモンブラン☆』 (2018-04-06 08:30)
 『春苺のベリーヌ』 (2018-03-29 23:15)
 本日のプリントデコレーション☆ (2018-03-19 22:52)
 『春爛漫☆春スイーツ』 (2018-03-19 08:11)
 『3月14日ホワイトデー☆』 (2018-03-11 12:35)

この記事へのコメント
ごぶさたしています。
毎年この時期になるとシュトーレンとクグロフ、夫とともにとても楽しみにしています。ララさんの作るお菓子は、丹精がこもったお味で時間がかかるんだろうなあと舌で感じますよ。

今イギリスの大学院で行動経済学で修士をやっていて、過去一年くらい行ったり来たりしていたのですが、いま論文の追い込みです。大学受験を上回るモグラのような生活ですが、こんなときにやさしい素材の味を感じるララさんのお菓子はとても癒やされます。

これからもがんばってくださいね。
Posted by RIKA at 2017年11月27日 12:42
RIKAさん、先日はありがとうございました。
お忙しい日々をお過ごしのようでお疲れ様です❗
クグロフは今週末には並ぶと思いますのでよろしくお願いします。
Posted by MASA at 2017年11月28日 00:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2017 シュトーレン☆
    コメント(2)